こぴちょあぶろぐ

原田病になったことがきっかけで、このブログを始めました。今では料理など、自分の好きなことを中心に書いています。

思い出の味のNYチーズケーキを求めて(その1)

こぴちょあです。

 

在米中、と言ってももうかれこれ四半世紀以上も前になりますが、クリスマスプレゼントとして夫の仕事の関係者の方からNYチーズケーキをホール(whole)でいただいたことがあります。

 

ずっしりとして濃厚で、それでいてしっとりとしたNYチーズケーキの美味しさが衝撃的でした。今から25年以上も前だからかもしれませんね。

 

それから今日まで、思い出の味のNYチーズケーキとの出合いがないまま四半世紀が過ぎました。

 

そんなある日のことです。

 

ネット検索をしていたら「えもじょわ」さんの作られたNYチーズケーキの写真に目が留まりました。

 

また食べてみたいと思っていたあの思い出のNYチーズケーキを思い出したんです。

emojoiecuisine.hatenablog.com

 

えもじょわさんのレシピや動画に見入っているうちに、もしかしたら私にも作れるかも、いや何がなんでも作ってみたいという気持ちになりました。

 

で、早速材料を吟味し、先週の土曜日に初めてNYチーズケーキにチャレンジしました。

 

散々悩んで、まず18cmのケーキの型を買いました。15㎝しか持っていなかったからです。

 

次に買ったのがケースです。冷蔵庫で冷やす間に必要なケースですが、これも散々迷い結局購入しました。そしてケーキ用のシートも買いました。

 

いつも以上に意気込んでます。

 

お金かけてますからね。元を取りたい気持ちが先行しています。

 

失敗したくない、そう思った私はいつもに無く何度も動画を見たのはもちろんのこと、ブログもしっかり読みイメージトレーニングもしました。

 

これだけ慎重に事前に準備すれば失敗はないはず。

 

そう思ったのも束の間でした。

 

何度もイメージトレーニングをしたのやっちゃいました。

 

なんと「型の側面にバターを塗りシートを貼り付ける」という大事な作業を不覚にも忘れ生地を流し込んでしまったのです。

 

焦りました。

 

と同時に落ち込みました。

 

何度も作り方を読んで万全だと思っていたのに、最初の段階でやっちゃったからです。

 

ですが流し込んでいる途中で間違いに気づいたのはまだ幸いだったのかもしれません。

 

で、どうにか型の側面にシートを貼り付けることができました。とはいえ側面のシートの下側がヨレヨレですね。

f:id:copichoa:20230128134057j:image

 

他にも失敗が。

 

これはオーブンのクセもあるので致し方ないのかもしれませんが、正直これにも落胆しました。

 

というのは、えもじょわさんはコンベンション機能を使わずに通常のオーブン機能で焼くと書かれていました。

 

調べると、うちのオーブンはコンベンション機能のオーブンのようです。

 

なのでコンベンション機能のオーブンの場合は温度を20℃下げればよいとも書いてくださっていました。

 

とはいえ、「そんなに下げて大丈夫かな?」とちょっと迷いながらも指定温度を20℃下げて160℃に設定し、湯煎焼きで30分焼きました。

 

ですが30分経っても全く焼き目が付きませんでした。

 

この後、更に温度を下げてもう30分湯煎焼きするので、「なるほど!次の段階で焼き色がつくのね」と勝手に思っていました。

 

ところが、30分してもほとんど焼き目がつきません。

 

この時の温度ですが、通常のオーブンでは160℃で30分なので、この段階でも20℃下げて140℃にしました。

 

途方にくれましたが、焼き色がないと美味しそうに見えません。

 

結局全ての工程が終了した後、苦肉の策を取ることにしました。

 

もう自分の感を頼りにやるしかありません。

 

焼き目にフォーカスすることにしました。

 

ということで、初めは恐る恐る160℃で10分に設定しました。

 

オーブンの前でずっと中の様子を見張っていましたが、6分経っても変化がほぼありません。

 

思い切って180℃に変更しました。

 

悪戦苦闘した結果がこちらです。

f:id:copichoa:20230128134203j:image

おかげで色目はつきましたが、表面は凹んでしまうし、案の定、後からシートを押し込んだので側面もガタガタてすね。

 

せめて味は想像していた味であって欲しいと願いました。

 

そんな私の様子を見ていた息子は「美味しくできてると良いね」と優しく労ってくれました。

 

「夫も上出来だよ。」と焼きあがったチーズケーキを見て励ましてくれました。

 

味さえ良ければ希望も持てるし次につなげられます。

 

6時間以上冷蔵庫で冷やしたNYチーズケーキを切り分けました。

f:id:copichoa:20230128134320j:image

見かけは……でしたが、味はすこぶる良くて安心しました。濃厚で美味しいNYチーズケーキに仕上がっていました。

 

写真で惚れ込んだ「えもじょわさん」のレシピをチョイスして良かったと思った瞬間でした。

 

ただ当時の記憶(と言ってもこの記憶もかなり怪しいですが)では、思い出のNYチーズケーキはアメリカのものなのに、もう少し甘さが抑えめだった気がしています。アメリカを何だと思ってるって言われそうですね。( ̄▽ ̄;)

 

と言うことで、次回はその点を踏まえつつ再び作ることにしました。

 

といったところで、今回は終わります。

 

なんだか思いの外、長文になってしまいました。

 

今回も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

懐かしのNYベーグル、ついに完成!

こぴちょあです。

 

先日、久しぶりにNYベーグルを作ろうと思い過去記事をみたら、どちらも日本式との違いを比較しただけの中途半端な記事だったことが発覚!

copichoa.hatenablog.com

 

copichoa.hatenablog.com

 

ということで、改めまして覚え書きを兼ねてNYベーグルの作り方を書こうと思います。

 

ちょっとだけ

変えてみました。

 

下記記事ですが、temahimeさんからいただいたコメントへの返事を読み返していて思い出しました!

copichoa.hatenablog.com

 

そうでした。

 

思い出の味のベーグルは、もう少し甘味があったと記憶していたのです。

 

それならばと、今回砂糖の量も少し増やしました。

 

またベーグルの大きさも、懐かしのNYベーグルより少し小さい気がしていたので、これも今回変えることにしました。

 

NYベーグルの材料

強力粉の量はそのままですが、個数を8個から6個にしました。

 

そしてキビ砂糖の量も3g増やしました。

 

① 強力粉 440g(ゆめちから100%を使用)

② 塩 6g(伯方の塩

③ キビ砂糖 22g(3g増量)

④ インスタントドライイースト(赤サフ)6g

⑤ ぬるま湯(35℃〜40℃位)300mlを用意

⑥ トッピング(必要に応じて用意)

  EX)  けしの実、白ごま、オニオン など

 

※ Kamさんはキビ砂糖ではなくグラニュー糖を使っていましたが、キビ砂糖でも可とあったので、最初からキビ砂糖にしています。

 

ラニュー糖に変えたらどうなるのでしょう。今更ですがちょっと気になっています。

 

NYベーグルの作り方

① 大きめのボールに強力粉、塩、キビ砂糖、ドライイーストを下記のように加え、真ん中にぬるま湯を注ぐための窪みを作っておきます。

f:id:copichoa:20230125201801j:image

ドライイーストはお砂糖とは仲良しなので近くに、そしてお塩とは仲が良くないので離しておきましよう。

 

もっともすぐに混ぜる場合は、そんなことは気にしなくてもいいそうです。

 

② くぼみに200ml(2/3)程度のぬるま湯を注ぎ混ぜあわせます。生地の状態を見て必要であれば更に残りのぬるま湯を加えます。

 

③ 粉をふったカウンターの上に②の生地を移し、滑らかで弾力が付くまで捏ね(左写真)、右写真のようにまとめます。(時間にして約10分程度)

 

④ 大きなボールの中にサラダ油を少し入れ、生地を回し油をコーティングさせ、乾かないようにラップなどでボールを覆ったら、2倍の大きさになるまで室内に置いておきます。

*室温にもよりますが、1時間くらいで倍になります。
  

⑤ 上記右写真のように2倍の大きさになったらガス抜き(punch the dough down)をします。その後、ラップ等をかけてもう10分程度休ませます。

 

⑥ ⑤の生地の重さを計ってから6等分にし、それぞれを丸めます。

なんか大きさが違って見えますが、重さは同じです。

⑦ 丸めた生地の真ん中に粉を少し置きます。人差し指で粉を置いた場所に優しく押し込み、親指と人差し指を使って直径3分の1位に伸ばし輪っかにします。

 

⑧ ベーグルの形に成形したらクッキングシートの上にのせます。

 

ベーグルの表面が乾かないように水で濡らして固く絞ったクッキングペーパーなどを被せ10分程放置します。

 

⑨ その間にお湯を沸かし、オーブンを予熱210℃に設定します。

 

⑩ お湯が沸いたら火を弱め、ベーグルの表を下にして入れます。片面の茹で時間は1分半~2分です。裏返して同じく1分半~2分茹でます

※日本式よりも茹で時間はかなり長めです。

 

※Kamさんのレシピによると、片面を2分ずつ茹でることで、よりNYスタイルのベーグルになるそうです

 

⑪ プレーンベーグルの場合はそのまま、トッピング(ケシの実、白ごまなど)をしたい場合は器にそれぞれのトッピングを用意し、茹でてから器に入れてまぶします。

 

⑫ 焼き時間は20分でOK。ただし20分でゴールデンブラウン(きつね色)になっていない場合はゴールデンブラウンになるまで時間を追加すればOKです。

 

⑬ 焼きあがったらワイヤーラックの上にのせて冷まします。

 

ついに完成!

砂糖を3g増量し、大きさを8等分から6等分に変えただけですが、私達親子が求めていたNYベーグルが出来ました。

 

外側はパリッ(crusty)としていて、中身は弾力のある(chewy)ベーグル、懐かしの crusty , chewy bagles が完成しました!

 


f:id:copichoa:20230126160131j:image

f:id:copichoa:20230126160128j:image

f:id:copichoa:20230126160125j:image

そのままでももちろん美味しいんですが、サンドイッチもお勧めです。

 

柔らかくしたクリームチーズをたっぷりつけたり、ベーコンと両面焼き(turn over)した卵にケチャップをかけたりしても美味しいです。

 

右写真はかなり前の写真ですが、ターキーハムサンドです。見ていたらまたターキーハムサンドが食べたくなりました。^^

 

と言ったところで、今回は終わります。

 

長文のところ、最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。

おせち(覚え書き)その2

こぴちょあです。

 

今年の3日の夜中以降、自律神経の乱れから、あれこれ体にトラブルが起きてしまいました。

 

なんでもかんでも自律神経のせいにするのもなんですが、自律神経の乱れに当てはまる症状があまりにも多過ぎて反省中です。

 

そんなこんなで更新の間隔がかなりあいてしまい、今更だよねぇと思っていた頃に「そろそろその2が更新される頃でしょうか」と石畳のん♪さんから嬉しいコメントをいただきました。

 

おかげ様で書き上げることができました。のん♪さん、背中を押してくださってありがとうございます。

 

またご無沙汰していたにもかかわらず、何度も気にかけてコメントをくださったtemahime さん、そしてだるころさんもありがとうございました。嬉しかったです。

 

前置きが長くなりましたが、今回はおせちの覚え書きの続きです。

 

今回はかなり長文になってしまいましたが、最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

我が家のお雑煮

おせちとは別に、お正月に必ずいただくのがお雑煮です。

f:id:copichoa:20230102183812j:image

結婚前、実家では3日間、必ず朝はお雑煮でした。

 

ですが結婚後は夫が飽きるというので、いつの間にか2日で終了。

 

そして今年は元日のみでした。

 

そんな我が家のお雑煮ですが、鶏肉とサッとゆでた小松菜にかまぼこを添えるというシンプルな具材のすまし汁が定番です。

 

覚え書きではないのですが

一口にお雑煮といっても全国各地で違うように、家庭によっていろいろかなぁと思います。

 

よそのお宅ではどんなお雑煮?ということで、お二方に登場していただきました。

 

まずはnorikoさんのお宅です。

 

手作りの合わせ味噌でお雑煮を作られているんですね。お味噌というと白味噌と思っていましたが、合わせ味噌のお雑煮も良いですね。^^

 

お味噌汁の延長上なので、なんとなくお味も想像できると思いながら興味深く拝見しました。美味しそうですよね。

 

しかもお椀が晴れの日用で素晴らしいです。我が家とは段違いです。( ̄▽ ̄;)

 

一方、めんくいさんのお宅では4日間お雑煮を召し上がるようで、白みそと餡餅のお雑煮が前半だそうです。機会があれば一度食べてみたいです。

 

めんくいさん宅の後半のお雑煮は、なんと鰹と昆布でとったお出汁のお雑煮でした。しかも柚子がポイントのようです。これまた興味深く拝見しました。

 

毎年買っています♪

紅白の蒲鉾と伊達巻きです。

 

お正月にはやはり欠かせません。

 

伊達巻きは作ってみようかなと思うだけで、結局いつも買ってしまいます。

f:id:copichoa:20230115033546j:image

 

初めて作ってみました!

f:id:copichoa:20230115033338j:image

temahimeさんが作られていた柚子大根です。

 

とっても美味しそうだったので、temahimeさんのレシピで作ってみました。

 

レシピにはお好みの漬かり具合でとあったので、数時間後にいただいてみました。

 

あらら、なんか柚子果汁が多すぎたようです。

 

ですが翌日には酸味が程よく飛んだのか、美味しくなりました。

 

お漬物好きな夫は、初挑戦のお漬物を当日も翌日も喜んで食べてくれました。

 

temahimeさん、素敵なレシピをありがとうございました。^^

 

くるみを入れてみました!

これまたtemahimeさんのアイディアを拝借して作ってみました。

f:id:copichoa:20230115034216j:image

temahimeさんはメープルシロップを使っていましたが、うちでは常備していないのでいつものように上白糖にしました。

 

田作りはいつも行き当たりばったりで、今回も袋の裏面の通りにやったのですが、ちょっとしょっぱめになってしまいました。

 

同じことを繰り返さないためにも、今回使った調味料の分量だとちょっとしょっぱめだと記載しておこうと思います。

 

ごまめ40gに対しての調味料

✳︎下記の分量だと、ちょっとしょっぱめに仕上がります。

砂糖  大匙2

料理酒 大匙2

醤油  大匙1

みりん 大匙1

水   大匙1

くるみ 適宜

胡麻 適宜

 

お正月と言ったら

お酒ですよね。違いますか?

 

うちは全員飲めるので、おせちの相棒としてお酒は欠かせません。

 

おせちの覚え書きなのに、相棒まで登場です。( ̄▽ ̄;)

 

今年は2種類の予定が、3種類になりました。

 

ひとつめ

芋屋金次郎さんの芋焼酎です。

f:id:copichoa:20230117192503j:image

久しぶりだしと奮発して黒麹も白麹も両方とも注文しちゃいました。もちろん芋けんぴも一緒に。

 

芋焼酎芋けんぴも久しぶりだったのですが、どちらも安定のおいしさでした。

 

ふたつめ

エビスマイスターです。


f:id:copichoa:20230117153359j:image

f:id:copichoa:20230117153531j:image

飲みやすいのに深みがあって、特別感があるビールでした。

 

初めて飲んだのですが、お正月のような晴れの日にぴったりなビールだと思いました。

 

カニももよく合いました。来年も飲みたいビールです。

 

みっつめ

バーボンウイスキーです。

 

我が家はバーボンといえば、メーカーズマークなんですよね。

f:id:copichoa:20230117180126j:image

写真、撮り忘れたので公式サイトからお借りしました。

 

実はバーボン用に箱買いしていたプレミアムソーダの賞味期限が今月で切れるので、それならばと急遽仲間入りしたのでした。

 

家計簿をつけるようになってバーボンの出番が急激に減りました。で、プレミアムソーダの存在すら忘れていたのです。

 

おかげでお正月にメーカーズマークが飲めることになり、夫も息子も大喜びでした。

 

最後は

おせちというよりおつまみですね。

 

バーボンのおつまみにとリクエストされ作りました。

 

ソーセージのパイ包みです。

f:id:copichoa:20230117175953j:image

昨年はアップルパイ作りきっかけで冷凍パイシートの出番が多く、いろいろ作りました。

 

そのうちのひとつがこれでした。

 

といったところで終わります。

 

思いの外、今回も長文になってしまいました。

 

最後までお付き合い、ありがとうございました。

プライバシーポリシー・問い合わせ