こぴちょあぶろぐ

原田病になったことがきっかけで、このブログを始めました。今では料理など、自分の好きなことを中心に書いています。

年に1度はわさびご飯♪

こぴちょあです。

 

わさびご飯、いつからか忘れましたが1年に1度は食べている気がします。って、記憶がいい加減ですみません。

 

今回はそんなワサビご飯の話です。

 

そろそろ出動!

いい季節になってたし、平日なら人も少ないだろうしということで、夫が今週の月曜日に奥多摩まで出かけ、わさびや季節限定のわさび醤油漬けを買ってきてくれました。少ないどころか天気が今一つだったせいか誰にも会わなかった~と言っていました。

 

コロナ前はひとりふら~っと出かけ、奥多摩の水で作られたお酒(澤乃井)も飲んで帰って来たことがありました。

澤乃井園 « 澤乃井-小澤酒造株式会社(東京都青梅市)

 

私の病気が落ち着いたら、みんなで行こうと言っていたらコロナで世界中が大騒ぎになってしまい、その予定も未定のままです。その前に母と会わないとなんですが、病気の関係で予防接種してないので、まずは体力づくりが必要な私です。

 

奥多摩のワサビ

夫が買って来てくれたワサビです。

f:id:copichoa:20220523035553j:image

ということで月曜日と木曜日にそれぞれ1本ずつ使って、今週は2回ワサビご飯を楽しみました。すったワサビが見えるようにとワサビを最後に載せました。いつもは逆です。

f:id:copichoa:20220522225613j:image

 

で、下記が木曜日に食べた〆のワサビご飯です。こちらはいつもの手順で写真を撮ってみました。^^


f:id:copichoa:20220522225646j:image

f:id:copichoa:20220522225649j:image

 

ワサビをすったものに鰹節をかけ、お醤油をかけていただくという、至極簡単な料理ですが、ワサビの爽やかな辛味が鼻に抜けて、美味しいんです。チューブでは楽しめないので贅沢な〆の一品ですよね。

 

季節限定のワサビ醤油漬けがこちら。お酒を飲みながら摘んでいたら、いつのまにかなくなってしまいました。( ̄▽ ̄;)

f:id:copichoa:20220522182244j:image

 

これは夫がひとり占めできるわさび漬けです。買いに行った人の特権ってところですね。

f:id:copichoa:20220522182305j:image

 

ワサビ専用おろし板

今回思い切って新たに購入しました。

f:id:copichoa:20220522234313j:image

右側が買ったばかりの方です。って、色でわかりますね。

 

ひとまわり?いやふたまわりほど前のより大きい目のを買ってきてくれたんですが、いやー、ケチらずにもっと早く買い替えれば良かったです。

 

今までの子には悪いですが、嘘のようにするのが楽なんです。こんなに楽になるとは思ってもいませんでした。

 

そして楽なだけじゃなくて、爽やかな辛味がすっているとスーッと鼻を通るのがわかるんですよ~。^^

 

小さいのは必死にやらなきゃで、ほんと大変だったんです。私には無理でした。ですが、新しいのだとするのが苦じゃなくなりました。

 

というわけで、もし新たに購入しようと思われている方は、お値段が多少張っても少し大きめをお勧めします。参考までに、縦の長さは柄から測って11cmでした。

 

今回はこれで終わりです。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

 

この記事が良いと思ったら、読者登録もお願いします。

ニューヨークベーグル第一弾

こぴちょあです。

 

遂にNYスタイルのベーグルを作ってみました。

 

そしてなんと、1回目にして成功しました~。ということで今回はニューヨークベーグルの第一弾です。

 

今回もちょっとだけ長めですが、良かったらお付き合いください。

 

失敗は成功のもとというけれど

先日の失敗がなければ、英語のレシピを探して作ろうという発想には至らなかったわけで、何が幸いとなるかわからないものですね。

 

下記が前回の失敗記事です。

copichoa.hatenablog.com

 

そんなわけで、ここしばらくは英語漬けでしたが、おかげでだいぶ抵抗も無くなりました。これもきっと料理のことだからですね。( ´艸`)

 

それでも途中、息子に英語の意味を再確認したり、とにかくとことん読み込みました。ほんと、疲れました~。

 

産みの苦しみ

とはいうけれど、まさにそんな感じでした。

 

最初に読んだレシピがこちらです。

www.sophisticatedgourmet.com

衝撃的だったのが、私が作っていたベーグルと違い過ぎて戸惑いました。

 

そんなわけで他のアメリカの方々が作っているNYベーグルのレシピも確認しました。

New York Bagel Recipe: Crusty, chewy, & so good! -Baking a Moment

 

Homemade New York-Style Bagels (NY Bagel Recipe) - Alphafoodie

 

途中、動画も見つけたので、そちらも参考にしました。

Watch How Easy It Is To Make New York Style Bagels at Home - YouTube

 

How To Make New York Style Bagels - YouTube

 

こちらの方はNY Style Bagelsとは書いていませんでしたが、作る工程は正にNYベーグルだったので、こちらも参考にさせてもらったレシピの一つです。

Quick And Easy Homemade Bagels Recipe - YouTube

 

そんなわけで実験を開始するまでに何日もかかってしまいました。( ̄▽ ̄;)

 

どの人のを参考にしようか悩みに悩み

結局、一番最初に出合ったKamさんのレシピにしました。

 

一番最初に読んで衝撃を受けたのもKamさんのレシピでしたが、そのおかげで納得いくまで確認が出来たからです。

 

で、Kamさんのレシピで作ったNYベーグルがこちらです。驚いたのはお湯に蜂蜜も何も入れずに茹でたのですが、こんなに綺麗な色がついたことです。

f:id:copichoa:20220518175144j:image

上記写真の左側がプレーンベーグルで、中央のけしの実(poppy seeds)をトッピングしたもの、右側のフライドオニオン(Fried onion flakes)をトッピングしたものです。

 

フライドオニオンはそのまま使ったら焦げてしまいましたが、懐かしい味でした。ということで今後はこちらは工夫が必要なので、次回の課題になりました。

 

最後に

「狂気の沙汰がなせる技だよ」と息子に労いの言葉をかけられました。そして「20年以上も経ったいま、こうして懐かしい味をまた満喫できるとは思わなかった、ありがとう。」とまで言われたんです。頑張ったかいがありました。

 

息子は私がニューヨークベーグルの共通点を見つけ出すため、夜な夜な英語のレシピサイトと毎日のように格闘していたのを知っていました。^^

 

夫は全く状況を知らない(興味がない?)からか、乾燥オニオンだったらいいのかなぁと私のひとり言を聞いて、「なら作ればいいじゃん」といとも簡単に言ってくれて、人の神経を逆なでするのが上手です。ヽ(`Д´)ノ ま、お互い様ですかね。

 

夫は今回は珍しく興奮気味でした。ターキーを挟みたいと言って売っているお店をネットで探していました。( ´艸`)

 

期待を裏切らない仕上がりに自分でも驚きでしたが、飽くなき挑戦はまだまだ続きます。次回はどこが日本人が作っているベーグルとNYベーグルが違うのかに重点を置いて記事を書きたいと思っています。

 

といったところで終わります。

 

今回も最後までお付き合いありがとうございました。

 

この記事が良かったら、読者登録もお願いします。

スンドゥブチゲ、クリゴ(そして/클리고)キムチすいとん

こぴちょあです。

 

先日、スンドゥブチゲ(순두부찌개)を久しぶりに作りました。といっても毎回使うのはレトルトの素です。

 

いつもはコチュジャンを足す程度でした。ですが今回は韓国の方々のレシピを参考にして作ってみたところ、すごく美味しかったんです。

 

ということで覚え書きを兼ねて残すことにしました。

 

スンドゥブチゲの材料(2人前)

今回使ったスンドゥブチゲの素です。

f:id:copichoa:20220511070452j:image

こちらのスープの素はお豆腐と卵だけで作れるとありますが、それを無視して作っています。( ´艸`)

 

上記以外の材料です。

・ニンニクのみじん切り 適宜

・玉ねぎのみじん切り 適宜

・長ネギ小口切り 半分くらい

(下記写真は今回使用した量になります)

f:id:copichoa:20220511073118j:image

・絹ごし豆腐 1丁←スンドゥブチゲなので必須です。( ´艸`)

・豚肉 適宜

・キムチ 適宜(大きい部分があったので、あらかじめ切っておきました)

・粉唐辛子(コチュカル)適宜

・サラダ油 適宜

胡麻油 適宜

以上です。

 

スンドゥブチゲのスンドゥブ(순두부)はおぼろ豆腐と訳されているんですが、순に柔らかなという意味があるようなので、絹ごし豆腐でも良いのかもしれません。ちなみに두부がお豆腐で、チゲ(찌개)は鍋という意味なので、柔らかなお豆腐鍋ですかね。

 

今回も絹ごし豆腐があったので、それを使いました。

 

作り方


f:id:copichoa:20220514032351j:image

f:id:copichoa:20220514032348j:image

f:id:copichoa:20220514032354j:image

① サラダ油を熱しニンニク、玉ねぎを入れ炒めます。

② よく炒めたら、粉唐辛子と胡麻油を少し加えます。

③ 次にキムチと豚肉を加え更に炒めます。

 

 


f:id:copichoa:20220514032446j:image

f:id:copichoa:20220514032449j:image

f:id:copichoa:20220514032451j:image

④ そこへスンドゥブの素を投入し、煮立てます。

⑤ スープが煮立ったら、豆腐を大きいスプーンですくいながら加え、豆腐に火を通します。

⑥ 最後に長ネギを加え、少し煮たら完成です。

 

f:id:copichoa:20220514032729j:image

⑦ 器によそったら出来上がりです。スンドゥブチゲはお豆腐と生卵が基本のようですが、いつも生卵は省いているので今回も省きました。

 

白米が進む美味しさに大満足でした。^ ^

 

参考にさせていただいたサイトと動画

今回も李さんのサイト「カライチ」からスンドゥブチゲを、そして最初に登場する動画「シムバンゴルの主婦さん」も参考にして作りました。おふたりはレトルトは使ってないんですけどね。( ´艸`)

karaichi.com

 

シムバンゴルの主婦さんの動画です。

순두부찌개 건강하게 만드는 황금레시피 심방골주부 - YouTube

 

 

カライチでは李さんとして韓国料理を中心に記事を書かれていますが、はてなブログでは、すももももこ(id:sumomomomoko)さんとして日常生活に重点を置いた記事を書かれています。李さんのサイトを知って以来、お世話になっています。

 

そうそうスンドゥブチゲの場合、コチュジャンは基本使わないそうです。李さんの記事で知りました。確かにおふたりも使ってないですね。

 

使わない理由も書かれていました。スープのあっさり感がなくなるからとのことでした。私、なんでもかんでもコチュジャンを多用していました。( ̄▽ ̄;) 

 

最後に

スンドゥブチゲには関係ないんですが、先ほどご紹介したシムバンゴルの主婦さんの「シムバンゴル」の意味が分からず気になっていたんです。

 

調べてたところ、下記動画に辿りつきました。

 

「심방골의 겨울(눈)풍경과 김치수제비/シムバンゴルの冬(雪)景色とキムチのすいとん」というタイトルがついた動画です。これで判明しました。シムバンゴルはどうやら地名のようです。

www.youtube.com

 

また、こちらの動画で知りました。すいとんってスジェピ/수제비っていうんですね。

 

私もすいとんをたまに作りますが、当然かもですが、味付けは全然違っていました。キムチのすいとんも美味しそうだったので、いつか作ってみたいと思いました。

 

今回はこれで終わりです。

 

長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

そして、この記事が良いと思ったら、読者登録もお願いします。

プライバシーポリシー・問い合わせ