こぴちょあぶろぐ

原田病になったことがきっかけで、このブログを始めました。今では料理など、自分の好きなことを中心に書いています。

マカロニグラタン〜深皿編(追記あり)

こんばんは、こぴちょあです。

 

今回は、深皿で作る我が家のグラタンのご紹介です。

 

良かったらお付き合いください。


ホワイトソース作りはレンジで

皆さんはホワイトソースを作る時、火にかけて作っていますか?それともレンジでしょうか?

 

私は、今のオーブンレンジを買い替えるずっと前から、レンジで作っています。もうかれこれ30年以上も前になります。

 

レンジで作ると焦げ知らずですし、なによりも簡単なのでおすすめです。

 

【材料と作り方】

①薄力粉、バター共に70g、牛乳4カップ

f:id:copichoa:20201002233036j:image

 

耐熱容器に薄力粉、バターを入れ600Wで2分加熱します。(時間はあくまでも目安です。)

f:id:copichoa:20201002233142j:image

※バターと薄力粉がフツフツと沸騰そたらOKです。ただ加熱し過ぎると焦げるので注意してくださいね。

 

②加熱した①に牛乳を少しずつ入れ、泡立て器でよくかき混ぜた後、控えめに塩胡椒をします。

f:id:copichoa:20201002233210j:plain
  

f:id:copichoa:20201002233240j:plain

 
そして、ここが要です。この段階でよーくかき混ぜておくとダマになりにくいんです。

f:id:copichoa:20201002233317j:plain




③次に②を600Wで約12分加熱します。途中で止めて2、3回ほどよくかき混ぜます。

f:id:copichoa:20201002233332j:image 

かき混ぜる目安ですが、7、8分ほど経った頃に1回、残り1分程になったらもう1回、そして出来上がった後にもう1回よくかき混ぜています。

f:id:copichoa:20201002233403j:image

2回目によくかき混ぜた状態です。↓

f:id:copichoa:20201002233420j:image

最後によくかき混ぜた後、必ずすぐにラップをしておきます。空気に触れないようにすることで、膜が張りにくくなるんです。

f:id:copichoa:20201002233435j:image
 

グラタンの中身は 

我が家では通常、玉ねぎ、ササミ、ブラックタイガー、マッシュルームをオリーブオイルで炒め、料理用の白ワインを加えた塩胡椒し、水分をある程度飛ばしたものを使っています。

f:id:copichoa:20201002234320j:image

茹でたマカロニと上記の炒めた具材を深皿に全て入れました。↓
f:id:copichoa:20201002234350j:image


ちなみに、上記はママー・マカロニを1袋(150g)使っています。

 


事前に硬めに塩茹でしておいたブロッコリーと最初に作っておいたホワイトソースを加えます。↓
f:id:copichoa:20201002234410j:image

 

あとはとろけるチーズを加えてオーブンへ。

f:id:copichoa:20201002234427j:image
↑今回はセルロース不使用のパルミジャーノブレンドのチーズに生のパルメザン粉チーズが残っていたので加えてみました。


うちのオーブンでは29番のグラタンを選択すると、画面に角皿、下段と出るので、なんの疑いもなくその指示従い下段に入れて加熱したんです。↓

f:id:copichoa:20201002234531j:image

 

実は深皿で作ったのは、今回で2回目になんです。( ̄▽ ̄)

 

で、どーんと出来上がったグラタンを、1人分に取り分けたのがこちらです♪
f:id:copichoa:20201002234008j:image

いっぺんに作ったからか、おかわりをしても冷めずに美味しくいただけました。

 

夫も息子もグラタンが大好きなので、今回もたくさん食べられると喜んでくれました〜。

(*´꒳`*)

 

ああ、やっちゃいました!


表示では出来上がりが20分と出たのですが、今回は様子を見たらちょっと焦げそうだったんです。それで5分の加熱時間が残っていたんですが、直ぐに取り出しました。

 

前回やった時はそんなことなかったのに、なんでかなぁっとは思っていたんです。

 

でも美味しかったし、その時は全く気に留めていませんでした。

 

 

で、内容を整理をするために、付属のクッキングブックを改めて読んでびっくりしました。

 

 

オーブン画面に表示されるのは「角皿」と「下段」なんですが、グラタンの深皿を使う場合は、「上段」で調理してくださいって書いてあるじゃないですか。

 

 

ああ、だから前回と違って、15分ほどで焦げそうになったんですね。2度目だったので、油断しちゃったようです。次回は気をつけようと思いました。

 

 

と言ったところで、今回はこの辺で終わります。

 

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

【追記】

※4カップ以外の少ない分量の加熱時間等を追記しました。作り方等は同じです。

 

ホワイトソース(牛乳1カップ~3カップ)の分量

1カップの場合、薄力粉とバターはそれぞれ15g

2カップの場合、薄力粉とバターはそれぞれ30g

3カップの場合、薄力粉とバターはそれぞれ50g

 

【作り方】

①薄力粉とバターの加熱時間

 1カップの場合、600Wで約1分

 2カップの場合、約1分30秒

 3カップの場合、約1分45秒

 

②①に牛乳を加えた後の加熱時間

 1カップの場合、600Wで約4分

 2カップの場合、約8分

 3カップの場合、約10分

プライバシーポリシー・問い合わせ